にこらすの徒然なるままに…@tumblr
OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性

4月7日にその脆弱性が公表された際にも書いたが、根本的に一般のエンドユーザーにとってこの問題に対処する特効薬的な有効策は存在しない。なぜなら、今回公表された脆弱性は多くのWebサーバーで使用されているオープンソースのSSL/TLS暗号化ライブラリ「OpenSSL」のバージョン1.0.1/1.0.2系に存在し、これによって秘密鍵などの漏洩が発生する可能性が指摘されるという深刻なものだからだ。つまり、OpenSSLバージョン1.0.1/1.0.2系を使用しているサイトの管理者がHeartbleedバグフィクスを施していないまま放置している場合(これまで2年間放置されていた訳で、この事実自体致命的であり一般ユーザーにとって何も打つ手が無い根拠だ)、いくら今パスワードを変更してもその変更のために送受信される通信が盗聴解読された場合には無意味だからだ。

とにかく、あなた若しくはあなたの周囲にWebサーバーの管理者が居たら、一刻も早くOpenSSLをこの脆弱性の影響を受けないものにアップグレードし、併せてSSL証明書の失効~再発行を実行していただきたい。これが全世界レベルで遂行されることが唯一にして絶対的な対応策だからだ。

一般ユーザーとしては、OpenSSLの脆弱性が消滅するのを待ってから念の為にパスワードを変更しておく方が何もしないよりはましという次元の話だ。

専門サイトではこの辺りが正確に記述されて報じられているが、ユーザー寄りの立場(マスゴミ、自称ヘビーユーザー、自称アルファブロガー等の皆さん)の発信者による記事には「今すぐパスワード変更を」的な記述が多く、中には今すぐパスワードを変更すれば安心と思わせる記述もあり本当に困ったものだ。

即時抗告からやはり10年も待たせておきながら、

「確定判決の証拠は相当に強固で、事実認定に疑問は生じない」

と棄却を決めた安廣文夫東京高裁判事。彼は、袴田弁護団から「裁判記録や証拠を見ずに棄却決定をした」として懲戒申し立て請求をされながらも、定年まで勤め上げて中央大学法科大学院教授に就任した。この安廣氏が、村木厚子現厚生労働事務次官を冤罪に陥れた郵便不正事件の検証アドバイザーに選ばれているのは、皮肉と言うほかない。

ddnjapan:

これを見てると、人類以外の動物たちは「実は、互いに話せてる」気がして仕方がない | DDN JAPAN http://bit.ly/1sWdtqV

ddnjapan:

これを見てると、人類以外の動物たちは「実は、互いに話せてる」気がして仕方がない | DDN JAPAN http://bit.ly/1sWdtqV

onehalf:

マルタイラーメンが業績赤字らしい。このラーメンはそこらの袋ラーメンのコストパフォーマンスとは比べ物にならないと思う。みなさん、応援しましょう。生き延びてくれ〜!

onehalf:

マルタイラーメンが業績赤字らしい。このラーメンはそこらの袋ラーメンのコストパフォーマンスとは比べ物にならないと思う。みなさん、応援しましょう。生き延びてくれ〜!

burgerwave:

d0gbl0g:

cm96weed:

http://cm96weed.tumblr.com/

nyoom

barkour

 ドイツの「過去」を利用して国際社会で対日批判を展開しようとする中国に、待ったがかかった。

 中国の習近平(シー・チーピン)国家主席は先月末にオランダで開催された核安全保障サミットに出席した後、フランス、ドイツ、ベルギーを回った。

 欧州訪問が正式に発表される前から、中国はドイツで「日本の軍国主義時代の戦争犯罪」への批判を繰り広げるつもりだとみられていた。ナチスの罪を真摯に償うドイツに比べて、日本の政治家は中国や韓国における残虐行為への謝罪が足りない、というわけだ。

 ただし、ドイツは当初から、中国の策略に強い懸念を示していたようだ。ロイター通信の報道によると、ある国の外交筋は、「ドイツは中国と日本の対立に巻き込まれたくなかった」と語っている。また、ドイツの外交官は、「このようなやり方にドイツは嫌気が差している。中国がいつもドイツと日本を比べ、戦争の話を持ち出すことを喜んでいない」と指摘する。

 中国はベルリンでホロコースト記念碑を視察したいと打診したが、ドイツに断られた。代わりに戦没者追悼施設の訪問を提案したところ、ドイツはメルケル首相の同行は拒否したが、習が行くのは構わないと伝えた。

 すると中国は、今回のドイツ訪問で、日本との歴史問題を国際社会にアピールするつもりだという報道を否定し始めた。駐ドイツ中国大使の史明徳(シー・ミントー)は、中国がドイツの過去を利用して日本の顔をつぶそうとしていることを、ドイツが快く思っていないとする報道を批判した。「ドイツ人は騒ぎ立てたりしない……そこが、歴史との向き合い方でドイツと日本の違いだ。そのことは世界中が知っている」

謝罪と受容による解決

 習がドイツに到着した頃、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストに、ミハエル・クラウス駐中国ドイツ大使のインタビューが掲載された。クラウスは「歴史に対するドイツの姿勢を利用して、日本と中国の緊張を刺激するのは好ましくない」と語り、ドイツは中国とも日本とも緊密な関係にあり、「2国間の領土紛争に巻き込まれるいわれはない」と述べた。

 クラウスはさらに、ヨーロッパの戦後の和解は双方向だったと指摘。ドイツの謝罪と、昔の敵国がそれを受け入れたことの両方が、重要な役割を果たしてきたと語っている。

「20世紀のあらゆる惨事を経験して、ヨーロッパはようやく、違う道を見つけなければいけないと悟った……ドイツが自分たちの戦争の歴史を受け入れると同時に、ほかのヨーロッパ諸国が和解に向けて歩み寄り、ドイツの真摯な謝罪を受け入れることも不可欠だった」

 この発言は中国に対し、日本が近隣諸国に謝罪してきたことを、もっと受け入れる姿勢を示すべきだと促していると受け取れる。

 クラウスは、ヨーロッパに法の支配が確立していたことも、和解を後押ししてきたと語る。欧州司法裁判所などの制度を通じて、国家間の対立を解決できる点を指摘した。

 中国は近隣諸国と多くの領土紛争を抱えているが、国際的な仲裁をかたくなに拒否。すべての対立は当事国の間で処理すべきだと主張するが、ほとんどの2国間関係では中国がより大きな影響力を持っている。

 習はベルリン市内で講演した際、南京事件などに言及して、戦時中の日本の軍国主義を批判してみせた。もっとも、習の訪問をめぐるいきさつが物語るように、ドイツはこの件で中国の肩を持つつもりはなさそうだ。

From the-diplomat.com

[2014年4月15日号掲載]

ワロタ

昨日、小田急で女子高生が「STAP細胞はあります!」と某リケジョのものまねしてて超似ててワロタ